ホーム » コンプレックスの事 » 仮性包茎のコンプレックスはクリニックで解消

仮性包茎のコンプレックスはクリニックで解消

仮性包茎の状態と主な原因

仮性包茎は日本人に多いとされるもので、基本的には生活に支障はありません。
平常時には包皮が亀頭包んでいますが、勃起すると亀頭が露出するので、セックスなどでも問題なく、治療をしないで放置している人もたくさんいます。
この状態の原因は幼少期に包皮をむく割礼という習慣が日本にはないことが原因で、この習慣が根付いている海外では少ないととされています。
症状の軽い場合は放置しても構いませんが、中には包皮を剥くのが少し困難なカントン包茎に近いものや、包皮をむく時に出血などを起こすものがあり、普段の生活に支障が出ることもあります。
出血などを起こさなくてもお風呂で包皮をむいて洗わないと不衛生になり、炎症や悪臭を発することもあるので、場合によっては手術が必要です。
この他にも仮性包茎には心理的な面で生活に影響を起こすことがあります。
それはコンプレックスで、この感情を持つと、自分に自信がなくなるなどのネガティブな気持ちを持つことがあります。

仮性包茎の症状で一番悪いのがコンプレックス

例えば仮性包茎の人に好きな女性ができて、お付き合いすることになったとします。
その時に考えるのが仮性包茎のことで、彼女に自分のむけてないペニスを見られるのが恥ずかしい、セックスがうまくいかないかもしれない、それが原因で破局してしまうと考えてしまいます。
他にも自分が仮性包茎だということがコンプレックスになり、女性の人を遠ざけたり、好きな人にアタックできないなどのネガティブな感情を起こすこともあります。
恋愛だけでなく何事にも消極的になり、後ろ向きな暗い性格になると人生も良好な状態ではなくなり、身体的に悪影響がなくても治療が必要な場合もあり、治療は手術を行います。
手術を受けるのは怖い、相談するのが恥ずかしいと考える人もいますが、病院やクリニックにはこの点を手厚く配慮していて、なんの問題もなく治療は完了します。
コンプレックスを抱えて悩むよりも、まずは一歩踏み出して、クリニックに行くことをおすすめします。

まとめ

仮性包茎派勃起時には亀頭が露出できる症状の軽い包茎です。
生活に支障がなく過ごしている人もいますが、中にはカントン包茎に近い症状のため治療が必要なケースもあります。
身体的に支障がなくても心理面で、コンプレックスを抱えて、お付き合いしている人ができてもセックスがうまくいかないかもと悩んだり、自分に自信が持てなくて性格が消極的になることもあると、普段の生活に影響がなくても手術が必要です。
病院やクリニックでは手厚いサービスを実施しているので、恥ずかしがらずにまずは相談することをおすすめします。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。