ホーム » コンプレックスの事 » 人生に大きな影響を与える仮性包茎のコンプレックス

人生に大きな影響を与える仮性包茎のコンプレックス

仮性包茎のコンプレックスのためにチャンスをものにできない

仮性包茎は病気ではありません。
しかし、人生に大きな影響を与えます。
女性とのセックスは人生の楽しみの1つです。
セックスによる快楽は一時的なものですが、好きな女性とセックスができたら精神的な満足感がしばらく継続します。
仕事や学校、日常生活にも良い影響を与えます。
だけど仮性包茎だと、せっかく好きな女性からアプローチをもらっても積極的になれません。
「仮性包茎なのがバレたら嫌われるかもしれない」、「友達などに言いふらされるかもしれない」などと不安を感じますよね。
目の前に好きな女性とセックスができるチャンスがあったら、普通は前に進みます。
ところが不安や恐怖を感じている人は、前に進むのが難しいです。
仮性包茎は病気ではないので、基本的には治療の必要がありません。
ですが、コンプレックスのためにこういったチャンスをものにできないのは非常にもったいないです。
そういう人は、コストをかけてでも治療してしまったほうがいいでしょう。

仮性包茎のコンプレックスによって起きること

仮性包茎のコンプレックスを抱えたまま日々を過ごしていると、学校や仕事など様々なシーンでデメリットを受けることがあります。
仕事の飲み会で同僚たちが楽しそうに女性との夜の営みについて話しているのに、そこに加わることができないなどです。
他の人にとっては楽しい場なのに、自分にとっては辛い場となります。
そして、同僚たちから暗い奴というイメージを持たれる、こういった悪循環に陥ることもあります。
仮性包茎は病気ではないので、治療の必要はないです。
美容目的とされ、健康保険が適用されないのでコストは高額になります。
なので、特に大きなデメリットを感じていない人は治療はしません。
ここで書いたように、コンプレックスが原因で人生に大きな影響を与えてしまっている人は、治療を検討してみましょう。
女性はそれほど男性のペニスについて気にしていないので、本人がコンプレックスなどを感じていないならば、高いコストをかけて治療をする必要まではないと思われます。

まとめ

仮性包茎のコンプレックスは、人生に大きな影響を与えることがあります。
恋人関係・友人関係・職場の同僚との関係など。
楽しい思い出になるはずが、辛い思い出になってしまうこともあります。
健康保険が適用されず、高いコストがかかるので基本的には治療は必要ありません。
人によっては、デメリットが大きくなるので、高いコストをかけてでも治療をしたほうがいいケースもあります。
人によって正解が変わるので、個別に考えることが重要です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。