ホーム » コンプレックスの事 » 仮性包茎のコンプレックスを解消する方法

仮性包茎のコンプレックスを解消する方法

コンプレックスの解消方法について

容姿にコンプレックスを抱える人は少なくありません。
薄毛や体毛が濃いなどの場合もありますし、一重であることや歯並びなど外観的な部分に劣等感を抱いてしまうのです。
これらのコンプレックス悩みに関しては美容クリニックや、増毛や脱毛や歯科医による強制などによって原因を解消する方法があります。

その一方で普段は他人の目に触れない部分である、性器などに関して悩む人も少なくありません。
男性の半分以上は仮性包茎という統計があり、男性器のコンプレックスの中でも仮性包茎の割合は大変多くなっております。
コンプレックスでありながら他人に相談し辛いために、1人で抱えて悩んでいる人も少数ではありません。

しかし仮性包茎は治療出来る症状でありますし、軽度な場合や通常ならば治療も必要ありません。
コンプレックスの解消ならば、専門のクリニックで診察を受けて外科処置を行ってもらうことも可能なので、仮性包茎治療などのキーワードで病院を探すことがおすすめです。

仮性包茎の悩みについて

仮性包茎は通常時には亀頭部分が包皮に覆われており、興奮状態や刺激を受けて海綿体に血流が流れることにより、陰茎が勃起状態になった時に皮が外側に押し出されて亀頭部が露出する状態のことを言います。
基本的には前述した通りなのですが、個人差があるために包皮が完全に剥け切らない場合もあるのです。

こうした境界線的な症状は、真性包茎と仮性包茎を判断するのは医師の診察によって見解は分かれます。
どちらの場合でも包茎の症状としては軽度になりますが、痛みがある場合や射精障害などを伴っているケースでは、治療が必要になるのです。

包茎の治療は傷跡が目立たないように亀頭部の根元であるカリ部で縫合を行い、包皮を適切な長さと径で整えることで行われます。
仮性包茎よりも症状の重い真性包茎や、痛みや鬱血が伴うカントン包茎では、亀頭部の圧迫や癒着などがある場合もあるので、診察の上で外科手術を行った方がいいと言われているのです。

まとめ

仮性包茎は男性が悩む性のコンプレックスの代表例であり、デリケートな悩みですが反面ごくありふれた悩みでもあると言っても過言ではありません。
恥ずかしがらずに病院で診察を受けて、外科治療を行えばコンプレックスも軽減されます。

医学的にはカントン包茎や真性包茎などの方が症状が重く、癒着や鬱血などの症状がある場合には治療が不可欠です。
排尿痛や射精障害など、人生のクオリティを下げてしまい兼ねない問題になります。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。