ホーム » コンプレックスの事 » 仮性包茎のコンプレックスを解消したあとの人生

仮性包茎のコンプレックスを解消したあとの人生

仮性包茎で悩んでいる男性は実は多い!

仮性包茎の事がコンプレックスになっていませんか?実は日本人のおよそ7割以上は仮性包茎であると言われていますし、悩みの内容が内容なだけにほかの人に相談出来ないということもあり、一人で悩んでいる方が多いということがあります。

実は仮性包茎がコンプレックスになっている方は多いですし、包茎ではない状態の人の方が少ないのです。
真性やカントン包茎の場合は解消するための手術が必要なケースが多いですし、保険も適用されることが多いです。
仮性包茎の場合は解消手段のための手術に保険は適用されないことが多いですし、躊躇されている方も多いでしょう。

しかし手術を行う事で、コンプレックスはすぐに解消されますしやって良かったという声が多く寄せられています。
思っていたよりも簡単に手術が出来るし、入院などの必要もなくて良かったという声も有ります。

悩んでいるのであれば、カウンセリングを受けるだけでも始めてみましょう。

仮性包茎のコンプレックスを解消出来たらどうなる?

仮性包茎がコンプレックスとなっている男性は実は非常に多いですが、手術をしなくてもとりわけ赤ちゃんを作るということに関しては問題はありませんし、痛みが生じていなければそこまで問題はないのです。

見た目的な問題も有りますし、自分のペニスに自信が持てないというのは大きなデメリットです。
女性からしますと、余った包皮の部分がある事でニオイの問題が出てきますしちょっと嫌だなという方はいるかもしれません。
シャワーを浴びてからであれば問題はありませんし、手術に踏み切らないケースもあるでしょう。

しかし手術をする事で、自分のペニスに自信が持てるようになったり、女性も声に出したりはしませんが包茎ではない方が実は良いのです。
コンプレックスを解消することが出来るのは、性生活をより楽しくさせるためにも大事な事ですし生活が豊かになることも場合によってはあるでしょう。

体験談を見てみるととてもわかりやすいです。

まとめ

仮性包茎は必ずしも手術を行わなければならないというわけではありません。
そのため手術をする際も保険が適用されないケースがほとんどですし、美容外科クリニックや専門クリニックでの手術となります。
それでもコンプレックスを解消できるメリットは非常に大きいですし、自分のペニスに自信が持てるようになったという喜びの声は多く寄せられています。

気になる方はまずカウンセリングを受けてみて、検討してみる事をお勧めします。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。